toggle

縁起干支

2014年(午)から始まった干支の動物達を入れた言葉遊び。 神仏をかけあわせると深い意味合いが生れます。

 

『酉』すべては想いドーリ(酉)

想いどーりの人生。

どーり(通り)と鳥(トリ)をかけました。

孔雀は、地球に実在する鳳凰と言われ、

富や愛と美、繁栄のスタート、

邪気を払う益鳥と言われます。

そして一面に咲き誇るのは

〝幸福が飛んでくる〟

といわれる胡蝶蘭。

孔雀の背中に乗っているのは、

天照大神(太陽の神様)です。

太陽は自ら光を放ち、

みんなを照らしてくれています。

あなたの笑顔があなた自身を光らせ、

すべてを照らし、未来までも照らしていきます。

 

『申』良猿(縁)大吉~ウキウキ~

猿(えん)と縁(えん)をかけました。

申の本尊でもある大日如来さまが

「たくさんの良縁に恵まれますよ!」と、

両手で大きな丸。

大日如来さまは宇宙を司るお方です。

すべての縁は宇宙から引き寄せられた必然。

松は神が宿るといわれ、

そんな松が流星のように

上へと昇って行く様を描きました。

あなたは「神」の宇の中に

「申」がいることに気付いていましたか?

 

『未』未来満開

未(ひつじ)が来る。「未来」となる言葉。

そして未の体には満開の梅の花。

お花を運んでいる方は弥勒菩薩様。

弥勒様は「理想の未来」を司るお方です。

お花が満開に咲き誇るような

理想的な未来がやって来ますように。

『午』 午空いく~うまくいく

「午」に乗っているのは、

琵琶を弾く弁財天様です。

弁財天は学問と芸術の神様です。

何事も「午(うま)空(そら)いく」

~うまくいきますように。

雨上がりの七色の虹の上を

午に乗った弁財天が駆けて行く様を描きました。